学資保険(子供保険)に加入するメリット



学資保険(こども保険)に限らず、保険というものには必ずメリットとデメリットが存在します。

もちろん各保険会社によって内容は若干、異なりますが、基本的に学資保険(こども保険)に加入した場合はどのような"メリット(長所)"、お得なのかをここでは説明します。



 学資保険(こども保険)に加入するメリット



◎契約者が死亡時は以後の保険料が免除される


学資保険(こども保険)の最大のメリットが、保険契約中に保険契約者(親)に万一のこと(死亡・重度障害)があった場合でも、それ以降の保険料の支払いは免除され、祝い金や満期学資金は契約通り100%受け取れることです(保険料払込免除特約の場合)。


貯蓄の場合、親に万一のことがあれば、当然それまでのお金しか保障されませんからね。


◎一定の教育資金が確実に積み立てられる


何も子供の教育資金を積み立てていくには学資保険でなくてもいいわけですが、貯蓄などは後回しになったり、確実に積み立てていくことができない場合が多いのも現実です。


その点、学資保険(こども保険)に加入していれば「半強制的?」に保険料を支払わなくてはいけないので、解約しない限り、確実に教育資金を積み立てていくことができるのです。


◎掛け捨てではないので必ず満期学資金や祝い金が受け取れる


学資保険(こども保険)は定期保険などと違い掛け捨てではないので、満期になれば必ず満期保険金(満期学資金)が、さらにプランによっては、満期にならなくても中学進学時や高校進学時に祝い金として一定のお金が受け取れ、返戻率が100%を超える学資保険であれば貯蓄性が高いことが大きなメリットです。


◎子供に万一のことが起こった場合でも保険金が受け取れる


保険会社や保険の内容によっては、被保険者(子供)がケガや病気で入院した時の医療保障や、死亡した時の死亡保障が受けられるプランもあります。


ただこの場合、当然その分保険料が上乗せされ、保証型の学資保険(こども保険)となり、返戻率が100%を下回ることは否めませんので、子供の医療保障は必要か?その他の保険(子供の場合は掛け金の安い共済など)で補えないか?など、よく検討することも大切になります。


◎解約返戻金がある


学資保険(こども保険)に限ったことではありませんが、保険を解約すれば解約返戻金として一定のお金が戻ってきますので、学資保険(こども保険)の必要性がなくなった場合や、保険料を支払っていくことが困難になり解約した場合でも、損をする額はそれほど大きくありません(解約返戻金の割合は保険会社によって異なり、支払った保険料全額が戻ってくるわけではありません)。


◎契約者貸付制度を利用できる


「契約者貸付制度」とは、解約返戻金の一定範囲内で加入している保険会社からお金を借りることができる制度のことで、学資保険(こども保険)に加入している場合でもこの制度を利用できる場合がほとんどです。



スポンサードリンク