教育ローン



教育ローン
教育ローンとは「入学金・授業料」など、使用途を教育費に限定したローンのことで、「国民金融公庫、銀行、郵便局」などが扱っており、金利の種類は「固定・変動」の2種類があります。


お子さまの教育費が、貯蓄や学資保険などで足りない場合は、教育ローンや奨学金が考えられますが、奨学金はさまざまな条件があり、必要金額が借りられないことが多いのも現実ですので、その場合は教育ローンが選択肢の1つとなります。


◎公的(国)の教育ローン



公的(国)な教育ローンといえば、国民金融公庫、郵便局、独立行政法人福祉医療機構が扱っている「国の教育ローン」で、国の教育ローンの場合・・・


・無担保
・低金利(固定金利)


と、民間の教育ローンに比べてお得ですが、一般の方の場合、「1人200万円」までしか融資を受けることが出来ません。


◎民間(JA・銀行)の教育ローン


JA、労働金庫、信用金庫、信用組合、銀行などが扱っているのが「民間の教育ローン」で、無担保と有担保の2種類に大きく分けられ、


・有担保の場合・・・「低金利で融資限度額も大きい」


・無担保の場合・・・「有担保に比べ金利が高く融資限度額も少ない」


と、なっていることが一般的で、金利は「変動・固定」で選べるようになっていることが普通です。


当然、融資条件(年収・親の年齢など)、金利、融資限度額、返済期間などは各民間の教育ローンによって異なります。


以上のことから教育ローンの利用を考えている場合、まずは公的教育ローンを利用して(または利用できない)、それでも教育資金が足りない場合は民間の教育ローンを利用するかを考えましょう。


民間の教育ローンの場合、シーズンになると教育ローンの金利優遇キャンペーンが行なわれる場合も多いので、利用を考えられている方は頻繁に銀行などの各機関のHPなどをチェックしておきましょう!



スポンサードリンク