奨学金



奨学金とは、進学に必要な「能力・意欲・健康」の条件を満たしながら、家庭の経済的理由、または事情によって進学が困難な子供を対象に、経済的に支援し、進路の選択肢を増やし、子供の夢を応援する制度のことです。


奨学金は各大学や、各団体、地域、組織などで積極的に行っていますが、この制度を利用するには"成績・家庭の収入"などの各大学や各組織が定めた一定の条件を満たさなければならず、この条件は各大学・組織などによって異なりますので、必ずしも奨学金の制度が利用できるとは限りません。


基本的に奨学金は以下の2種類があります。

第一種(無利子):「高校の成績などによって利用できるかが決まり、その条件は厳しい。」


第二種(有利子):「親(保護者)の年収などによって利用できるかが決まり、親がその条件を満たせば利用できる」


当然、奨学金は学生ローン(借金)の意味合いがあり、卒業後は返済していかなければなりませんので、借りれるだけ借りるのではなく、無理なく返済できるように計画的に奨学金制度を利用しなければなりません。


また奨学金の制度が利用できなかった、または奨学金だけでは教育資金が足りない場合は、「教育ローン」という制度もありますので、参考にしてください。



スポンサードリンク