解約返戻金



解約返戻金解約返戻金(かいやくへんれいきん)とは、生命保険などを途中で「解約・失効・解除」した場合に、保険会社から契約者に払い戻されるお金のことで、保険会社によっては「解約払戻金・還付金」などと呼ばれることもあります。


解約返戻金の額は保険の種類、保険期間、経過年数などによって変わりますが、払い込んだ保険料総額よりも少なくなることが通常で、保険の種類によっては契約時にすでに解約返戻金の額が決まっている場合もあります。


基本的に、契約後、短期間で解約した場合には解約返戻金が少なく、契約期間が長ければ長いほど解約返戻金も多くなります。


学資保険(こども保険)の場合も、途中で解約した場合は解約返戻金がありますが、貯蓄目的で加入していたにもかかわらず、途中解約して、結局は元本割れ(払い込んだ保険料の総額よりも、受け取った解約返戻金の額のほうが少ない)することもありますので、無理のないプランを組むことが重要なのです。



スポンサードリンク