満期保険金(満期学資金)



満期保険金とは、生命保険などを契約している場合に、契約時に設定していた満期まで被保険者(学資保険の場合は子供)が生存していた場合に受け取ることができるお金のことで、学資保険(こども保険)の場合は特に「満期学資金満期祝い金」と呼ばれることもあります。


学資保険(こども保険)の場合、「17歳・18歳・20歳・22歳」を満期と設定できる保険会社が多く、その中でも大学入学時にもっとも費用がかかるので、18歳満期を設定する方が多いようです(近年では18歳満期だと大学の入学金を支払う時期に間に合わない場合がありますので、17歳満期を設定している保険会社も増えてきました)。


また学資保険(こども保険)の場合、満期までの途中、中学、高校進学時などに「祝い金」を受け取ることができるプランもありますが、当然、祝い金を受け取るプランだと、その分、満期保険金(満期学資金)が少なくなりますので、満期にまとめて受け取りたいのか?進学時に少しずつでも祝い金を受け取りたいのか?をよく検討し、自分たちに最適なプランを組むようにしましょう!


ちなみに掛け捨てである定期保険の場合、通常この満期保険金はありません。



スポンサードリンク