全小学校に警備員を配置(兵庫県明石市)



児童を狙った犯罪が多い中、兵庫県明石市は市内の全28市立小学校と養護学校1校で一斉に民間警備員による防犯警戒を始めました。



警備員は各校に2人ずつ配備し、1人は校門付近で常駐、もう1人は敷地内のほか併設する幼稚園、近くの市立保育所や私立幼稚園、朝鮮初級学校などを巡回するようです。



明石市では平成17年12月に女子中学生が衣服を切りつけられる事件が相次いだことから、配置を決めたようです。



平成18年5月8日・神戸新聞より一部引用



小学校に警備員。嫌な時代になりましたね。。



これで子供を狙った犯罪が減少すればいいですが、実際にはどうでしょう?子供を狙う犯罪者って、ちょっと考えられないような行動をとることが多いですからね。


スポンサードリンク