防犯ブザー普及8割超す



防犯ブザーを児童に配布している小学校の割合が、2005年度は
全国で8割を超え、地域ボランティアなどによる学校周辺の巡回も前年度より大幅に増加したことが平成19年(2007年)1月17日17日、文部科学省の「学校の安全管理の取り組み状況に関する調査」で分かりました。



平成19年1月17日・時事通信より一部引用



少年少女を狙った犯罪が後を絶ちませんので、いまでは「
防犯ブザー」をお子さまに持たせるのは当たり前になってきていますが、正直言って防犯ブザーでは防げない犯罪も多いのが現実です。



防犯ブザーだけでなく、地域全体で子供を守る意識をもつことが大切なのはいうまでもありませんね。


スポンサードリンク