15社の返戻率をシミュレーション比較



子供が産まれ、学資保険(こども保険)を検討する方は多いと思います。


実際、超低金利時代において学資保険は貯蓄よりも利率は良いので(契約条件によりますが)、単に貯金するだけよりも学資保険に加入するほうが賢明かもしれません(もちろん他の資産運用で運用益を出す自信があるなら話は別ですが・・・)。


ではどこの学資保険が良いのでしょうか?


学資保険に加入すると決めても、学資保険の内容自体は各保険会社、大きく差がないので、多くの方が「結局どこの学資保険がいーの?」と悩むかもしれませんが、保険内容に差がないなら、学資保険選びにおいての最重視項目は、具体的に払った保険料に対して、いくら保険金(満期金+祝い金)が貰えるのか?つまり返戻率(受取率)がだと思います。


返戻率が高くなるのは、一時払い(全期前納払い)>前納>年払い>月払い>


となっており、さらに保険料払込み期間(満期)は18歳ではなく、10歳などとすると、返戻率は高くなります(商品によって保険料払込み期間が決まっている場合もあります)。


保険料払い込み方法


また学資保険は育英年金や医療保障が付帯していたり特約として付けることができる商品もありますが、当然これらが付いていると返戻率が低くなります。


これは住んでいる地域や家族構成、考え方によって異なるので一概には言えませんが、こどもの保障は月々の保険料(掛け金)が安い県民共済などを考えたほうが良いかもしれません。


そこでここでは学資保険を扱っている15社の返戻率を、各社のHP等で具体的にシミュレーションしてみましたので、学資保険に加入する際の参考にしていただければと思います。


シミュレーション条件
契約者(親) 30歳男性
被保険者(こども) 0歳男の子(出生後)
保険料払込み期間 被保険者が18歳(17歳)
受取時期(※) 18歳(17歳)時に一括
or
18~22歳に分けて受取る分割
保険金(満期金+祝い金) 200~300万円
保険料払い込み方法 月払い
祝い金受取 受け取らない
(商品によっては受け取る)
保険料払い込み免除制度 付帯(契約者が死んだらその後の保険料払い込みは不要)


学資金の受取時期は、18歳満期などで18歳時に一括して受け取る一括受取よりも、22歳満期などで18歳以降に数回(例えば18~22歳まで5回に分けて)受け取る分割受取のほうが返戻率は高くなります。


学資保険の商品内容が各保険会社で多少異なり、また各保険会社のHPの仕様(シミュレーション方法)によって、全く同じ条件でシミュレーションできませんので、下記のシミュレーションは参考程度にご覧ください。


保険会社によっては学資保険(こども保険)を2種類販売している場合もありますが、その場合、貯蓄性を重視した商品をシミュレーションしています。


 学資保険の返戻率シミュレーション



2016年2月からマイナス金利が導入され、その影響により貯蓄性の高い保険の商品内容が次々見直され、多くの保険会社で学資保険も返戻率が下がりましたので、学資保険に加入する前に必ず各保険会社のHP等からシミュレーションしてみたり、資料請求して保障内容等を確認、比較してください。


ただHPから保険料等のシミュレーションができなくなっている生命保険会社が増えています。


これは保険会社の都合が悪い、つまりどのような条件で契約しても返戻率が100%を下回る場合に多いです。


マイナス金利の影響によって学資保険の主契約だけでは返戻率が大きく下がっているので、医療保障などの特約を付加しなければ契約できなくなっている場合があり、従来の貯蓄型学資保険から保障型学資保険へ転換している保険会社が増えているのです。


下記の返戻率等は2017年(平成29年)7月現在の数字です。


学資保険・各社を比較
保険会社 保険料総額
and
月掛保険料
学資金
and
受取法
返戻率
(約%)
育英年金 医療保障
かんぽ生命 約316万
14,640円
300万
一括
94.9% 特約
ソニー生命 約272万
12,588円
300万
分割
110.3% × ×
アフラック 約312万
14,430円
300万
分割
96.2% × ×
JA共済
こども共済
約299万
13,833円
300万
分割
100.4% 特約 特約
住友生命
スミセイ
ネットからシミュレーションできず 特約 特約
AIG富士生命 ネットからシミュレーションできず ×
第一生命 ネットからシミュレーションできず 特約 特約
太陽生命
大同生命
(相互供給)
ネットからシミュレーションできず 特約 特約
三井住友海上あいおい生命 ネットからシミュレーションできず 特約 特約
日本生命
ニッセイ
約284万
13,350円
300万
分割
104% × ×
朝日生命 ネットからシミュレーションできず 特約 特約
フコク生命 約196万
9,614円
200万
分割
101.9% × 特約
東京海上日動あんしん生命 ネットからシミュレーションできず 特約
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 ネットからシミュレーションできず ×
明治安田生命 約288万
15,995円
15歳払込
300万
分割
104.1% × ×


各社の返戻率は上記の通りとなり、マイナス金利の影響で返戻率が下がっていますが、返戻率を重視するならソニー生命の学資保険を選択するしかないのかもしれません(^^;)


上記は保険料の払込期間を18歳(17歳)としていますが(明治安田生命は15歳)、保険によっては5歳、10歳などとすることもでき、また保険料も月払いではなく年払いなどとすれば、いずれもより返戻率は高くなります。


一方、上記は学資金(満期保険金)を大学入学時などにまとめて受け取るプラン(または18歳~22歳の間に受け取るプラン)でシミュレーションしていますが、中学入学時、高校入学時などに祝い金を受け取ると、当然、返戻率は低くなるので、ライフプランに合わせてどのような形で受け取るかをよく考えましょう。


保険料の払い込み方法は基本的に口座振替ですが、アフラックなどクレジットカードで保険料の払い込みができる商品もあり、その場合クレジットカードのポイントも付くので、クレジットカードで払込ができれば、結果的に返戻率以上にお得になる場合もあります。



スポンサードリンク