第一生命



第一生命の学資保険第一生命は、学資保険として人気がある返戻率が100%を上回る貯蓄性を高めた学資保険(こども保険)、「5年ごと配当付こども学資保険「Mickey」を扱っています。


 第一生命の学資保険(こども保険)の特徴



◎子供が産まれる前から加入できます。


子供は出産予定日の140日前から10歳まで加入できます。


また契約者(父母、祖父母)の契約可能年齢は、18~65歳までとなっています(育英年金特約を付加した場合は18~55歳)。


◎満期はシンプルに2種類


Mickeyは、「18歳満期、22歳満期」から選択可能です。


18歳満期の場合、高校、大学入学時に祝金(学資金)が、22歳満期の場合、大学入学時から毎年1回、計4回、祝金(学資金)を受け取れます。


◎保険料の払込み免除


契約者(親)が死亡・高度障害または不慮の事故により所定の身体障害の状態に該当されたときは、以後の保険料の払い込みは免除になり、満期学資金は契約通り受け取れる、保険料払い込み免除と育英年金(養育年金)を一方だけ、または両方付加するかを選択できます(両方とも不要の契約もできます)。


◎子供に万一のことがあった場合は・・・


もしも子供が契約期間中に死亡した場合、死亡給付金が支払われます(死亡給付金は多くの場合、既払込保険料総額を下回ります)。


◎特約を付加すれば充実した医療保障が受けられます


「傷害特約D」の特約を付加すれば、不慮の事故によって子供が死亡、または所定の障害状態になったときにサポートされます。


「医のいちばんNEO」の特約を付加すれば、子供の入院費用、手術費用がサポートされます。


当然これらの特約を付加すれば返戻率が100%を大きく下回り、貯蓄型学資保険とはいえなくなりますが。。。


 第一生命の学資保険の返戻率



では第一生命の学資保険の返戻率はどれほどになるのでしょうか?


第一生命の場合、育英年金、保険料払い込み免除、医療保障を付けるか?によって大きく返戻率が変わってきます。


育英年金、保険料払い込み免除、医療保障を付ければ、どのような条件で契約しても返戻率が100%を超えることはありません。


一方、育英年金、保険料払い込み免除、医療保障を付けなかったとしても、返戻率が100%を超える条件は厳しいので、貯蓄性の高い学資保険を求める方には向いていない商品と言えます。



スポンサードリンク